2011年10月08日

VMWare Fusionでdelete押してもファイル削除できない

今日も VMWare Fusion の話。

ゲストOS の WindowsXP でファイルを削除しようと、BackSpace はないので delete を押してファイルを削除しようとしたところ、ファイル削除できず。。。

正解は、fn + delete
ごみ箱にさえ入れたくない場合、Windows では shift + BackSpace ですが、Fn + delete + shift

キーボードショートカットがなかなか混乱しますね。

よくやってしまうのが、Windows なので思わず、alt + tab でタスク切り替えしようと、Windows で alt キーのある command キーに手が伸びてしまい、command + tab を押してしまって、Mac のタスクが切り替わるミス。
正解は option + tab です。
そのうち慣れていくんでしょうが、Windows を触ったときに混乱しないか不安。。。

タグ:VMware Fusion
posted by おちエン at 20:15| Comment(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

VMWare Fusion の install ではまったこと

MacBook Air を買ったものの Windows でしか動かないソフトも持っているため、MacBook Air に VMWare Fusion を install することにしました。
が、結構はまったので備忘録的に。

まず、USB 接続の DVD ドライブを MacBook Air につないだのですが、VMWare Fusion の「新規作成」を押すと
適切なオペレーティングシステムのインストールディスクを挿入して続行してください。

ディスクイメージを使用するか、またはインストールディスクを後で挿入する場合は、
[ディスクを使用せずに続行] を選択します。
と表示され、インストールディスクが発見できない。。。
MacBook Air では DVD ドライブ認識しているのに。

こうなってしまった場合はディスクユーティリティでディスクイメージを作成します。
アプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティを起動して、DVD ドライブを選択、上のメニューに表示されている「新規イメージ」をクリックするだけです。
ディスクイメージができたら[ディスクを使用せずに続行]を押して、作ったディスクイメージを指定すれば OK です。

次に問題になったのが WindowsXP install 時の規約同意。
同意する場合は、F8 を押さないといけないのですが、F8 押しても何も反応せず。。。
正解は VMWare Fusion のメニューの 仮想マシン > キーの送信 > F8 の選択です。



次に問題になったのは、キーボード選択。
日本語キーボードを選ぶには「全角半角」キーを押さないといけないのですが、当然 MacBook Air にはそんなキーは存在しません。



正解は S を押して、次の画面で「106 日本語キーボード」を選択します。
あとは画面の指示通りに進めばおそらく問題ないでしょう。

posted by おちエン at 22:19| Comment(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。